So-net無料ブログ作成

2019-03-02

                   ごんちゃん


  571495566.451665.jpg

 ある日の朝 お散歩と食事を済ませて寝ていたごんちゃんが突然

 発作を起こしました


 長く感じた発作をの後 右足はピーンと伸びたまま 目は開いているものの

 声をかけても 触っても無反応  意識がないようでした


 午後になっても状態は変わらず 話しかけても触ってもやはり反応は無し


 もうこのまま ゆきちゃんちまいちゃんのところへ行ってしまうのだろうか

 と心配しました



 17歳という年齢を考えるともう十分に長生きしている と家族にも言われました

 確かにその通りでしょう。。。

 ただ頭でわかっていてもまだまだ気持ちとしては一緒にいたくて

 頑張って と声をかけ続けるしかありませんでした



 もしかしたらこのまま。。。と最悪のことを思っていたら

 夕方にごんちゃんがくしゃみをして その後意識は戻りました

 どんなにホッとしたことか

 

 そして様子を見ながら起こしてお水をシリンジでのませ

 しばらくすると今度は歩きたいと

 そのあとは遅いご飯を量を減らして食べさせました


 病院の先生もその回復力に驚かれていました

 


 きっとこれからまた同じようなことを繰り返して行くのだろうと思っていたら

  案の定 昨日もまた発作を起こしました 







 そして現在・・・もうお散歩に出ることもできず

 ごんちゃん ついに寝たきりになってしまいました



 

 とにかく最期までできる限りのことをしてあげたい

 苦しむことなく出来るだけ穏やに残りの時間を過ごせるようにと

 願うばかりです



 何かしてもらいたいことなどあるのなら教えてもらいたいけど・・・


 IMG_3792.HEIC

    1日も1秒も長く一緒にいたいね


    ごんちゃん 頑張ってね


 

 



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。